こんにちは

 

大晦日って皆さんどうお過ごしでしょうか?

大晦日のイベントの一つに年越しそばがあります。

 

皆さんはいつ食べてますか?

そりゃ食べたいときに食べるのが一番ですが

せっかくなら縁起の良い時に食べたいものですよね?

今日は年越しそばの由来といつ食べるのがいいのかについて調べてきました。

Sponsored Link

年越しそばの由来

 

江戸時代には月末を「晦日(みそか)」と呼び、

町家では月末は集金や棚卸し等で忙しい日でした。

 

あまりに忙しいので、そばを出前にとることから、

月末に食べるそばを「晦日そば」と呼んでいました。

 

その風習が大晦日だけになり時代とともに名前が変わり、

「年越しそば」になったのではという説があります。

 

他にもこんなものがあります。

  • そばは細く長いことから、長寿や繁栄を祈って
  • そばは切れやすい食べ物なので一年に起こった嫌なことや、厄災を切り捨て翌年に持ち越さないように願って
  • 金細工職人が作業で散らばった金粉をそば粉を用いて回収していたことから金運が上がることを願って

 

といった縁起をかついで食べ始められたのが主な由来とされています。

 

年越しそばの食べ方・食べる時間

 

年越しそばは基本的に温・冷どちらの食べ方という決まりはないです。

ただ「ぶっかけそば」や「ざるそば」で食べる地域が多いようですね。

年越しそばにはよくネギとエビの天ぷらがトッピングになっています。

 

コレにも意味があり

ネギには「一年をねぎらう」

エビには「エビのように腰が曲がるまで長生き出来るように」

という意味が込められています。

 

食べる時間帯については基本的に自由です。

そしてよく言われているのは年をまたぐ前に食べることが良いとされています。

これはそばに一年の厄災を切って、

翌年に持ち越さないようにという願いが込められているからです。

 

あと食べ残しをすると金運が逃れていくなんて言われています。

 

縁起を担ぐ時は自分がどういう縁起を込めているのか、

意識しながら食べると効果的ですよ(^^)

 

今年の年越しそばはどんな思いを込めますか?

无觅相关文章插件,快速提升流量