こんにちは

 

インフルエンザにかかると、高熱が出るだけでなく、

喉の痛みや関節痛に頭痛、筋肉痛など全身に痛みとだるさが襲ってきます。

 

インフルエンザは病院に行って、しっかりと寝ていれば、

治るものですが、やっぱり痛みを我慢するのはつらいものがありますよね。

 

夜なんかは横になって目を閉じても

頭がズキズキしたり、体がジンジンと痛んで眠れるものではありません。

 

インフルエンザの時の痛みを緩和する方法はあるのでしょうか?

Sponsored Link

インフルエンザの痛みの原因は?

インフルエンザの時に関節痛や頭痛など体の節々が痛くなるのは

インフルエンザウィルスの仕業ではありません。

 

原因はプロスタグランジン(PEG2)と呼ばれる分泌物が原因です。

 

ウィルスが体内に入り込むと、

白血球のマクロファージから「ウィルスが来たぞ!ウィルスを退治しろっ!」

というメッセージをサイトカインと呼ばれる物質を分泌して脳に伝えます。

 

このサイトカインを分泌する際に一緒に生成されるのがプロスタグランジンです。

 

プロスタグランジンには発熱作用、発痛作用があるために、

関節痛、頭痛が発生するのです。

 

そしてこのプロスタグランジンは炎症を起こした時の痛みと同じ作用をします。 

 

痛みを緩和する方法は?

 N189_boudesasu500

インフルエンザになったときの痛みの原因はプロスタグランジンによるものでした。

このプロスタグランジンによる痛みを緩和する方法は2つあります。

 

1、冷やすこと

インフルエンザによる関節痛や頭痛は、

捻挫して真っ赤に腫れた時のように炎症を起こしている状態です。

 

炎症を起こしているとき、体の中ではどうなっているのかというと、

プロスタグランジンが作用して血管を広げ血液の巡りをよくしたり、

発熱させて免疫細胞が活発になっています。

 

氷枕や冷やしたタオルなんかで太い血管を冷やすことで、

血管が収縮して炎症による痛みが和らぎ、寝やすくなります。

 

ただプロスタグランジンには発熱させて免疫細胞を活発にさせる働きもあります。

免疫細胞は一生懸命インフルエンザウィルスを駆除しようとしているのに、

ずっと冷やし続けてしまうと免疫細胞が活発に働くことができなくなります。

 

そうするとインフルエンザを駆除するのに時間がかかってしまって

治りが遅くなってしまう場合もあります。

 

直接氷冷剤なんかで一気に冷やしたり、

ずっと冷やし続けるのもあまり良くはありません。

 

熱が高い時を除いて、痛みが気になるときは保冷剤なんかをタオルに巻いて

痛みが和らぐ程度に冷やしてあげましょう。

 

2、解熱鎮痛剤を使う

解熱鎮痛剤はプロスタグランジンの分泌を抑える働きがありますが、

ただインフルエンザ脳症やライ症候群のように、

解熱鎮痛剤が原因で起こる症状があるため、薬には注意が必要です。

 

一般的に安全だと言われているのはアセトアミノフェン系

「カロナール」や「ルル」なんかがあります。

 

詳しい注意事項や薬についてはこちらにまとめておきました。

インフルエンザにかかった!市販薬で解熱効果のあるものは?

インフルエンザの頭痛や熱にロキソニンは使えるの?

 

最後に

体の発熱には病原菌の増殖を防いだり、体の免疫反応を高めて、

回復を早くしてくれる働きもあります。

 

熱を下げ過ぎる、体を冷やしすぎると、治りが遅くなってしまうので、

熱が高すぎたり痛みがひどかったり、どうしてもという場合に薬を飲むようにしましょう。

 

とはいえ痛くて眠れないという気持ちは大変つらいものですよね。

私はインフルエンザの時に寝ようとして目を閉じると、

ドクン!ドクン!と頭のなかで脈打つと同時にズキズキ痛かったのが忘れられません。

 

そういう時には薬を飲んで、保冷剤で首を冷やすと気持ちよくて楽になりました。

少しでも辛さが収まるといいですね。

无觅相关文章插件,快速提升流量