こんにちは

 

予防しているとはいっても、流行しているだけに、

いつかかるかわからないインフルエンザ。

 

かかってしまうと熱高くて、汗もひどく、

体もバテて、ろくに食べ物も喉を通りません。

 

インフルエンザは辛くても日にちがたてば治りますが、

熱でボーっとしているのはつらいものがあります。

 

市販薬で使えそうなものはあるのでしょうか? 

Sponsored Link

熱を下げると回復が遅くなる 

予備知識として知っておいて欲しいのですが、

インフルエンザの時に解熱鎮痛剤を使うとインフルエンザの回復が遅くなります。

 

病気の際にでるというのは、体の免疫を高め、

風邪のウイルスを増殖しにくくしてくれます。

 

解熱剤を使って、熱を必要以上に下げてしまうと、

上のような体の免疫反応がうまく働かないために回復が遅れてしまいます。

 

じゃあ解熱剤を使う必要がないのかというと、そうではなく、

 

熱がつらすぎる時や、高熱熱が長引く場合には、精神的な負担もあるし、

逆に体が疲れてしまって、インフルエンザが治るのが遅くなってしまうので、

そういった場合に解熱剤を使用しましょう。

 

お医者さんにかかっている場合、医師の判断に任せるのが良いですが、

目安としては38度~38.5度程度あるなら、解熱剤を使ってもいいでしょう。

 

インフルエンザの時に使える解熱剤は?

 

知っている方も多いと思いますが、インフルエンザの際に解熱剤によっては、

インフルエンザ脳症になってしまう危険性があるため、

解熱剤に気をつける必要があります。

 

インフルエンザの際に禁忌とされている解熱剤は

・ジクロフェナクナトリウム

代表薬:ボルタレン

・メフェナム酸

代表薬:ポンタール

・アスピリン(アセチルサリチル酸)

代表薬:バファリン、アスピリン

 

 

これらは大人でもインフルエンザ脳症のリスクがあるので、

服用してはいけません。

 

 インフルエンザの際に使用できる解熱剤には以下の物があります。

・イブプロフェン系

イブ、エスタックイブ、ベンザブロックL錠、パブロンエースなど

・アセトアミノフェン系

ルル、パブロン、ベンザブロックS錠、コンタック、新エスタックゴールド

アンビバ、カロナールなど

・ ロキソプロフェン系

ロキソニンSなど

 

 特にインフルエンザ脳症は子供(10歳未満)に多く、効き目が弱いですが、

安全なのはアセトアミノフェン系の解熱剤です。

現在は子供用としては「小児用バファリン」が市販されています。

 

最近市販されるようになったロキソニンは、胃への負担が強かったり、

解熱効果が高く、熱が下がりすぎてしまう場合があります。

インフルエンザの頭痛や熱にロキソニンは使えるの?

 

長引いた熱を下げて、体調が早く戻るといいですね(^^)

无觅相关文章插件,快速提升流量