こんにちは

何もしていないのに鼻血が出てきた…

良く鼻血がでる… 

鼻血があまりに出てくる頻度が多かったり、鼻血が急に出てくると、

心配になってきますよね。原因はなんなんでしょうか?

Sponsored Link

鼻血はどこで起こる?

 a0001_014049

大抵の鼻血はキーゼルバッハ部位と呼ばれる所で起こります。

場所としては小鼻のあたりですね。

このキーゼルバッハ部位では粘膜が薄く、鼻の毛細血管がたくさん集まっていて、

血管が傷つきやすく、鼻血の90%がここで起こります。

残りの10%は鼻の奥の鼻腔の粘膜で炎症を起こして鼻血が出る場合で、

高齢者で高血圧、動脈硬化などを患っている場合は、

こちらの鼻血である場合があります。

鼻血が起こる原因は?

鼻血が起こる原因にはいくつかあります。

・アレルギー性鼻炎

ハウスダストやダニによる通年アレルギー性鼻炎と、

花粉症の様な季節性アレルギー性鼻炎にかかると鼻の粘膜が弱ってきます。

鼻炎の時は痒みなんかで鼻をいじる機会が多なり、

少し鼻をいじるだけで鼻血が出やすくなります。

 

・病気によるもの

糖尿病や動脈硬化、高血圧、などの血管が弱って鼻血が出る場合や、

白血病、血小板減少病など血液の病気、悪性腫瘍(ガン)である場合もあります。

大人になって鼻血がでる場合は、

血管が弱くなって鼻血がでるケースが多いようです。

 

・血管運動性鼻炎

温度変化に鼻が敏感になってスポーツや勉強、仕事で頭を使ったり、

お風呂に入る、季節の変わり目、くしゃみなどで血管に負担がかかると鼻血が出ます。

 

年齢によって鼻血が起こる原因は違う

・子供の鼻血

子供はもともと粘膜が弱く、鼻をいじっただけですぐに鼻血が出てしまいます。

子供の鼻血は季節の変わり目アレルギー性鼻炎副鼻腔炎によって

鼻が敏感になっている時に、指でいじって鼻血がでるケースが多いです。

また体温調節機能が未熟な子供は、風邪で熱が出た時にも

体が温まって血管が広がり、切れてしまうことがあります。

いじるなと言ってもいじってしまうのが子供で、

なかなかいじらないように我慢させるのは難しいですよね。

 

・大人の鼻血

今まであまり鼻血を出したことがなくて、急に出てきたという場合は、

高血圧や糖尿病、動脈硬化によって弱った血管が切れやすい状況にあるかもしれません。

心あたりがあるという方や心配という方は、

次の危険な鼻血との見分け方を読みましょう。

 

危険な鼻血の見分け方

 a0001_014027

鼻血が起こる時の原因がアレルギー性だったら問題無いですが、

病気が原因だったらたまったものではありませんよね。

病気が原因と思わる鼻血かどうか見分けるには、

次のポイントに注意してみましょう。

 

・鼻をいじったわけではなく、心当たりの無い鼻血

鼻をぶつけた、指でいじった、くしゃみをした、おもいっきり鼻をかんだ、

などのように自分で何もしていない状態で鼻血が出てきた。

 

・鼻の奥から鼻血が出てきた

通常はキーゼルバッハ部位と呼ばれる比較的鼻の穴に近いところから鼻血が出ますが、

病気が原因で鼻血が起きている場合は鼻の奥の鼻腔の粘膜から鼻血が出てきます。

 

・鼻血が止まらない

鼻の奥(鼻腔の粘膜)からの出血の場合は、

加齢による高血圧や動脈硬化で動脈が弱って出血した場合が考えられます。

動脈からの出血なのでぽた、ぽたと垂れるような鼻血ではなく、

ずっと落ちているような勢いで鼻血が出るのが特徴です。

 

・全身でも出血が起こる、血が止まりにくい

白血病のような血液の病気は鼻だけでなく、体の様々なところで出血がおこります。

 

鼻血が出たら?

私は春先から夏にかけてよく鼻血がよく出ます。

もし鼻血の頻度が多いようならいつ出てもすぐに止められるようにしておきましょう!

鼻血が止まらない!効果的な止め方と予防法!

无觅相关文章插件,快速提升流量