こんにちは

 

赤ちゃんのような乳児期って抵抗力もなく病気にかかりやすい時期です。

 

赤ちゃんは病気にかかって抵抗力や免疫をつけていきますが、

中には症状が強くて赤ちゃんに強い負担になることも。

 

そんな時は親のあなたが病気の症状について知ることで

最悪の事態にならないように対処して子供を見守ってあげてください。

 

今日は赤ちゃんや子供の気管支炎の症状について触れていこうと思います。

Sponsored Link

かかりやすい気管支炎

 

気管支炎と風邪との違いはウィルスの活動場所の違いです。

 

風邪はのどや鼻でおきるので症状は軽くてすみますが、

喉の奥の気管支や肺にウィルスが入り込むと気管支炎と呼ばれるようになります。

特に抵抗力の低い赤ちゃんは風邪だけではなく気管支炎に発展しやすいです。

 

気管支炎は保育園のような集団生活が始まると、

赤ちゃんたちがするくしゃみや咳によってウィルスが飛び飛沫感染します。

 

また潜伏期間のような症状が現れない時に、じゃれあっていると感染し、

赤ちゃんの時は病気をうつしたりうつされたりなんてことが多々あります。

 

気管支炎の症状

 

気管支炎の種類には細気管支炎や急性気管支炎があります。

・細気管支炎

冬になると流行りだす病気で1歳未満の乳幼児に起こりやすい病気です。

 

細気管支炎は風邪のように初めは鼻水やくしゃみ微熱、咳で始まりますが、

数日経つと咳がひどくなったり、喘鳴(呼吸をするときにゼイゼイやヒューヒューという音がでる)

が聞こえるのが特徴です。

 

咳のせいで寝られずぐずったり、

嘔吐をしたりひどくなると呼吸困難におちいります。

 

細気管支炎は症状にかかっても比較的元気に行動する子供が多いので、

咳が多いなとか喘鳴が聞こえるなどの場合は病院に連れて行っても良いでしょう。

 

細気管支炎は喘鳴が2週間程度続くこともありますが、

たいていはしっかりとお家で休ませてあげることで回復します。

 

肺や心臓に先天性の病気を持っていたり、免疫の低下している子供

がかかると症状が深刻化するケースがあります。

その場合はすぐに病院に連れて行ってあげましょう。

 

・急性気管支炎

急性気管支炎はウィルス感染の場合もありますが、

マイコプラズマによる気管支炎もあります。

 

マイコプラズマによる病気についてはこちらでまとめておきました。
子供のマイコプラズマ肺炎の症状は?完治の目安は?

 

急性気管支炎の主な症状は咳、痰、熱

咳の症状がどんどん強くなり、痰の絡んだ咳に変化していきます。

 

急性気管支炎の症状が進むと肺炎や細気管支炎に発展してしまうので、

風邪にしては少し咳が多いと思ったら病院に連れて行ってあげましょう。

无觅相关文章插件,快速提升流量