こんにちは

 

入園式や入学式が近づいてきましたね。

入学式となるとその日に会った人はこれから何度も顔合わせをすることになるので、

服装や格好に気を使いたくなりますよね。

 

今日は入学式のママの服装についていろいろポイントをお伝え出来たらと思います。

Sponsored Link

主役は子供!

syougaku

 

最初に知っておきたいポイントとして、

主役は子供だということを頭に入れていおいてください。

 

少し前には辻希美さんは入園式の時にミニスカートなんかで参加したら、

「不謹慎だ!」なんてバッシングされているなんてことがありましたね。

 

例えば入学式に母親が恥ずかしいことをすると、

自分も恥ずかしくなってなかなか周りに打ち解けないことがあるかもしれません。

 

それに子供が大きくなった時に、自分のお母さんはしっかりしていて、

この人に育ててもらってよかったと言ってもらいたいですよね。

 

これからお世話になる先生やお付き合いすることになる、

親御さんへの第一印象が悪くないようなきちんとした服装にしていく必要があります。

 

どんな服装がいいの?

 

入園式、入学式に見る服装としてはスーツワンピースが多いですね。

最近は少なくなりましたが着物の方もいるようです。

 

ブラックフォーマルも大丈夫ですが卒業式に比べると明るい色が多いです。

色合いとしてはベージュネイビーが定番ですが、

春らしい華やかな色(ピンク、アイボリー)もいいでしょう。

 

ブラックフォーマルの場合でも上を白のジャケットに変えたり、

明るめのアクセサリーをつければ華やかに見せることが出来るので、

自分でアレンジしてみるのもありですね。

 

私立の場合などは学校ならではのルール、マナーがある場合もあります。

 

先生に聞いたり、先輩ママからお話を聞く、写真を見せてもらうなどして

自分の子どもの卒園式、入学式の服装マナーをチェックしておきましょう。

 

服装以外も気をつけよう!

 

服装以外にも気配りができれば入学式はバッチリですね。

・アクセサリー

入学式はフォーマルなイベントなので、

真珠のネックレスやコサージュなんかをつけるといいでしょう。

 

春らしい淡いベージュやピンク、白などの色は

季節にもあっていて上品に見えます。

 

物足りなさを感じる時はネックレスを重ねづけすればオシャレですが、

ジャラジャラしすぎない程度にしておきましょう。

 

・バッグ

明るい服装の場合はバックも明るい色でも大丈夫ですが、

フォーマルバッグを持って行くといいでしょう。

 

入学式には持ち帰るものも多いので大きめのものや、

サブバックを持って行くと当日困らなくてすみます。

 

・靴

スーツに合わせて黒やグレー、紺系統の色のもので、

高さ5センチくらいのパンプスがいいですね。

生足、タイツではなく肌色系のストッキングをはきましょう。

 

・防寒グッズ

春先の体育館なんかは寒いので寒さが苦手な人は

防寒インナーやカイロ、ひざ掛けなんかを用意しておくと、

寒くて息子の晴れ舞台を見ている場合じゃない!なんてことにはならないでしょう。

无觅相关文章插件,快速提升流量