こんにちは

年末年始に旅行や初詣、実家に帰省したりとお出かけする人も多いのではないでしょうか?

友人で東京から飛行機を使って九州や北海道へ帰省する人もいて、北海道なんて悪天候で着陸出来ないと折り返してしまうなんてこともあるようです。

今年の冬は冷え込み方が尋常じゃなく例年よりも寒く持続しやすい寒波のようです。

となるとやっぱり気になるのは天気ですよね。

年末年始の天気はどのようになっているのでしょうか?

これからも天気が変わるごとに更新していきます。(27日更新)

年末年始の天気を詳しく見たい方はウェザーニュースで確認できるのでこちらもどうぞ

http://weathernews.jp/newyear/

Sponsored Link

北海道

北海道は年末になると日本海側で雪が多く降ることが予想されます。

札幌方面はずっと雪が降りそうですが釧路の方では比較的晴れた日が続くでしょう。

東北地方

東北地方は基本的には曇りの日が続き、日本海側を中心に雪や雨の日が続きふぶくところもあるでしょう。

太平洋側の年始は曇りのち晴れで内陸部では雪の降るところが多い見込です。

北陸地方

冬型の気圧配置になる見込みで年末から雪が降り始め30日、1日は雪ではなく雨にかわるかもしれません。

正月以降も以降の天気は雪の日が多いでしょう。

関東地方

26、27日に一度天気が崩れたあと、関東の天気は良く、晴れのち曇りの日が続きます。

年末年始のの晴れたの日は寒く冷え込むのでしっかり防寒対策をしましょう。

東海地方

東海地方の天気は晴れのち曇りとなっています。

年が明けると岐阜県の飛騨地方では雪の降る所があるようです。

冬型の気圧配置がやや強まり、沿岸部を中心に晴れますが、寒気の影響で雲の広がり曇りの日が多そうです。

近畿地方

26日を過ぎると日本海側では冷え込み、雨や雪が降ったり止んだりします。

近畿地方南部では曇りのち晴の日が続きます。

中国地方

中国地方の正月までの天気は山陰西部を中心に曇りのち雨か雪。

正月以降は曇りの日がずっと続きそうですね。

四国地方

26日を過ぎて29日までは天気が回復し晴れの日が続きますが

31日あたりからはグッと冷え込み天気も崩れていきます。

九州地方

31日までは天気は崩れているようです。

北部は、気圧の谷や寒気の影響で概ね曇りもしくは雨が降ることになりそうです。

正月以降になると曇りまたは晴れ時々曇りなので外出しやすくなるでしょう。

沖縄

沖縄は雲が広がりやすく、スッキリしない天気が続きます。

大晦日、正月は晴れ一時雨になるでしょう。

正月以降は安定した天気になりそうです。

无觅相关文章插件,快速提升流量