こんにちは

 

夏風邪って一度引き出すとなかなか治らず、

万全の体制で仕事や部活、学校に取り組みたくても

中途半端な治り具合だとなかなかはかどらないものです。

 

特に子供はかかりやすく、一度かかると遊ぶこともできず、

つらそうで見てられないなんて人もいるのではないでしょうか?

 

そういった人のために今日は

  • なんで夏風邪を引くのか
  • 夏風邪が長引く原因
  • 早く夏風邪を治すために必要なことはなにか

について紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

なんで夏風邪を引くのか?

 

夏風邪って普通の風邪と何が違うのかって言うと、

どちらもウィルス感染から起こるものですが、ウィルスの種類が違うんですね。

 

夏風邪のウィルスたちは冬のウィルスとは違って高温・多湿を好みます。

夏は多湿ではないので流行しづらいですが、

エアコンや扇風機などによって粘膜が乾燥しやすく、

外というより湿度の高い締め切られた空間で感染は起こります。

 

また子供は抵抗力が弱くプールやエアコンのきいた学校で感染が起こるため、

そこに行った後は目や口、鼻から感染するのでしっかり洗う必要があります。

 

夏風邪はどうして長引くのか?

 

夏は冬に比べて

・室内と屋外の温度差が激しいこと

・夏の暑さによる夏バテ

・食欲不振による栄養の偏り

によって免疫力の低下が常に起こっています

 

それで一度治りかけても、免疫力は低下したままなので

再発したり、別の細菌が入り込んで炎症が悪化するためです。

 

夏のウィルスは高温・多湿を好むため、

ずっと布団の中に入っていると汗によってウィルスが繁殖したり、

汗のかきすぎによる脱水症状がおこり逆効果だったりします。 

 

早く夏風邪を治すために

 

夏風邪はウィルス感染なので抗生物質が効かず、

特効薬のようなものはありません。

 

なので夏風邪を予防するにも治すのにも

大切なことは免疫力を高めることです。

 

エアコンの温度は少し高めに設定し、

乾燥してたり空気がこもっていると感じた時は、

短時間でいいので換気するようにしましょう。

 

布団ではなくお腹を冷やさないようにタオルをかけるなど

汗で蒸れないように工夫することも大切です。

 

免疫力を高める食べ物としては

夏バテ防止食材(うなぎ、豚肉)のようなものが浮かぶかもしれません。

 

しかし、夏風邪にかかっている場合は下痢の症状も出てくるので、

消化に良い食材体の酵素を助けてくれる食材がとても有効です。

 

大根、鶏肉、ヨーグルト、梅干し、にら、にんにく、

生姜、バナナやりんごなどの果物

全般ですね。

 

夏風邪は汗をかきやすく、下痢によって脱水気味になりやすいので、

スポーツドリンクなどでこまめに水分を補給することも大切です。

 

その他にも意外なものでは、少量(20ml程度)の赤ワイン

夏風邪の時の喉の痛みや風邪に効きます。

 

うがい手洗いで予防するだけでなく、夏風邪は目からも感染することがあるので、

目が乾燥気味の人は、目薬をさすようにしましょう。

 

しっかり免疫を高めて夏を乗り切りましょう!!

无觅相关文章插件,快速提升流量