こんにちは

 

紫外線が気になる季節が今年もやって来ました。

 

日焼け止めがメジャーだったりしますけど、体だけでなく目の紫外線にもなるとかで、

ここ数年の猛暑の影響もあって、日傘をさす人が増えてきました。

 

そして日傘を使おうと思ったら、疑問が1つ…

日傘には簡単に分けると白と黒の2色が出まわってますよね。

 

「日傘って色によってUV効果がよりあるのは白?それとも黒?」

Sponsored Link

UV効果があるのは白?黒?

UV効果についてですが、一般的に色の性質として、

黒は光を吸収し、白は光をそのまま反射しています。

 

どっちも肌に行かないように紫外線を遮断してくれそうなんですが、

結論はUV加工をされているものは白でも黒でも大丈夫!

 

UV加工がされているものは色によって紫外線の遮断効果に差はありません

 

あなたの好きな色と、デザインのものを選んでもらって構わないのですが、

やっぱり日傘はオシャレだけじゃなくて、UVカットが一番の目的ですよね。

 

オススメ!日傘の選び方

日傘を選ぶときのポイントは2つあります。

 

・生地は厚手で目の詰まったもの

残念ながら、日傘のUV効果は2~3年で、

徐々に紫外線を遮断する効果が薄れていきます。

 

せっかくいいものを買って愛着がわき始めたのに、

2年しか持たないのもちょっとさみしいですよね。

 

そんな時に、生地が厚手で目の詰まったものを選んでおくことで、

紫外線の遮断効果は落ちにくく、長く使うことが出来ます。

 

そしていくら紫外線を遮断しても、日光(赤外線)を遮断できないと

日傘をさしていても熱く感じてしまいます。

 

綿、麻、絹のような材質で目の細かいものを選ぶと日光も遮ることが出来て、

より涼しくシーズンを過ごすことが出来ます。

 

・内側と外側で色が違う

地面から反射してきた紫外線は日傘の内側に当たると、

反射してパラボラアンテナのように紫外線を集めて体に反射してしまいます。

 

地面から反射してきた紫外線を日傘が反射しないように生地の内側は

黒のような暗い色

 

外側は無駄に光を吸収して日傘の温度が上がらないように

白やシルバーのような明るい色

 

のように2重構造で色の違う日傘がオススメです。

无觅相关文章插件,快速提升流量