こんにちは

 

花粉症と言うと3月~5月のイメージがありますよね?

 

実は秋の体調不良、風邪のような症状、鼻水は

花粉症かもしれません。

 

花粉症は春先だけじゃなくて秋にも、

実は注意が必要なんです。

Sponsored Link

秋の花粉症の原因て何?

 

春の花粉症はスギやヒノキが有名ですが、

秋の花粉症の主な原因

ブタクサヨモギなどのキク科の植物が主で、

他にもクワ科のカナムグラ、イラクサ科の植物があります。

 

症状としてはくしゃみ、水っぽい鼻水、鼻づまり、

目のかゆみなどがあります。

 

くしゃみや鼻水、鼻詰まりは、秋だから季節の境目で、

風邪を引いたなんて思う方もいるかもしれれませんが、

実は花粉症の可能性が高いです。

 

秋の場合花粉症の原因になる草はスギやヒノキと違って、低いところにあり、

花粉が飛散しにくいので植物に近づかないようにするだけでも、

予防につながります。

 

秋の花粉症の時期は?

 

ブタクサ
主に8月から9月に咲きます。

また花粉が小さいので喘息の原因にもなり、

風によって花粉が広がりやすい特徴があります。

 ブタクサ

ヨモギ

 ヨモギは8月から11月まで全国どこでも見ることができます。

ヨモギが原因で花粉症になる人も多いので、注意が必要です。

 

カナムグラ

カナムグラは8から10月に咲きます。

つる性植物で主に電柱や木に絡みついています。

症状は春に比べ軽いだけにほっておきがちですが、

慢性化してしまうのでしっかりと予防と対策が必要です。

 カナムグラ

予防と対策方法については、

こちらにまとめてましたので気になる方はどうぞ

秋の花粉症  風邪との症状の違いは? その予防と対策教えます!

无觅相关文章插件,快速提升流量